引越しや工場、イベントといろいろアルバイトをしてきましたが、一番キツかった仕事は修理受付のテレアポでした

アルバイトは長く働けるところがいいです。
アルバイトは長く働けるところがいいです。

私が一番キツイと感じたアルバイト

私は学生時代は短期や長期を含めて、本当にいろいろなアルバイトをしましたし、それぞれいい経験をしたとは思っていますがその中で最もキツかった仕事を紹介したいと思います。工場の仕事やイベントの仕事もしくは引越しの仕事など肉体的にキツイ仕事もいろいろやったのですが、一番はテレアポの仕事だということが出来ます。短期で某大手電気メーカーの修理の電話受付の仕事だったのです。丁度夏休みだったし、2ヶ月弱の短期の仕事で一日8時間勤務で、駅から近いしデスクワークで時給も1300円とあればかなりの高待遇だと言えます。

これは2ヶ月でかなり稼げると喜んで応募しました。採用人数も100人程とすごく多くて、短期のアルバイトということもあり面接もあっさりクリアしたのです。しかし実際にやってみたらリコールの修理受付だったので、ほぼクレーム処理の仕事だったのです。一日勤務していたら時給が高い理由が分かりました。一日延々電話でお客さんに怒られて只管謝る仕事なんです。そりゃあデスクワークのスキルも必要ないわけです。確かに何十万も支払い購入した商品に最初から欠陥があると分かったら相手が怒るのは無理はありません。でもこっちはたかがアルバイトなんだからと正直思ったものです。あれは二度とやりたくない経験でした。