アルバイトとして働くためには、履歴書の書き方は大切です。自分を見つめ直すいいきっかけにもなります。

アルバイトは長く働けるところがいいです。
アルバイトは長く働けるところがいいです。

アルバイトへの第一歩を踏み出そう

履歴書というものは、簡単に言えば、私はという人間は、こういう人物です。ということを説明する書類です。自分の説明書といった感覚です。就職活動では、もちろん必要ですが、アルバイトへの応募の場合でも、まず初めに履歴書の提示が求められる場合が多いです。自分の長所や性格のアピール、働くやる気などを伝えるための、重要な書類です。履歴書の書き方がよくないと、それだけで不合格となり、面接すらしてもらえない場合もあります。

私は、アルバイト応募での履歴書で重要な部分は、自己PRの欄だと思います。たいてい、履歴書の右側の下の方にあります。履歴書によって、いくつかのフォーマットがありますが、一般的には、そこが、自己PRや自分の長所・短所、志望動機などを書く欄になっている場合がほとんどです。ここの部分が、自分を表現できるポイントとなります。合格するためには、PRする内容をバイト先にあわせて書くようにする事と、長所・短所は、しっかりと自己分析をして、嘘がないように書く事が大切です。嘘を書いてしまうと、後々、面接などで、自分を苦しめる事にも繋がるので、誠意を持って書くように心掛けましょう。働くための第一歩なので、丁寧に書きましょう。