採用されるためにしっかりと準備したい、アルバイトの面接で心掛けるポイントを説明しています。

アルバイトは長く働けるところがいいです。
アルバイトは長く働けるところがいいです。

アルバイトの面接で大切なこと

働きたい、と思うアルバイトの求人情報を見つけ、応募して、採用までの最大の難関と言えば面接ですね。適当な感じで面接にのぞみ、働きたい動機が「近いから」とだけ伝えたところで、はいわかりましたと採用してくれるところはなかなかないと思います。身だしなみに気を付けた服装で行くこと、時間に遅れないことはもちろんですが、採用されるために面接官が見るところはどこでしょうか?

採用企業は、人材が欲しいと思って予算をかけて求人広告を出し、時間を割いて面接をしています。その時間とお金を考えると、「すぐ辞めそうだな」と感じる人は採用されません。服装や遅刻のないこと、またはっきりと話す等、真面目だと印象づけることの大切さは、面接官の「すぐ辞めそう」という不安を払しょくするための一歩だと言えます。そのうえで、なぜこの仕事なのかという志望動機を語ること。近いから、お金が欲しいから、というだけでは、他にも募集しているところはあるでしょう、と思われてしまいます。ここでないといけない理由を追加することで、説得力はぐんと上がります。好きだから、ということでもよいですし、よく利用していて身近だから、ということでもよいですから、「貴社(貴店)で働きたい」というアピールをしましょう。