就職活動の際にアルバイト経験を話す場合は、経験したことで何を得ることができたのかを話すようにしましょう。

アルバイトは長く働けるところがいいです。
アルバイトは長く働けるところがいいです。

就職面接でアルバイト経験を話す時はアピールポイントに注意

就職活動をする際、アルバイトの経験をアピールする学生は多いです。就職活動に少しでも有利なバイト経験があるかが明暗を分けると考える人もいるでしょう。自分が何をしてきたか、何を頑張ってきたかを面接で張り切ってアピールするも実は企業側はそんなことどうでも良いそうです。企業はバイト経験ではなく、人柄や、熱意、可能性の部分を見ています。アルバイトと社員では、全くと言っていいほど責任の重さは違いますし、バイトでしてきた仕事は役に立たないと考える会社も多いそうです。経験自体を評価して採用する会社はほとんどないと思ってよいでしょう。

では、面接時にアルバイトの話を入れたい場合はどうすれば良いのでしょうか。大事なのは何をしてきたかではなく、してきた事で何を得たのか、経験をどう生かそうと思っているか、自分に何ができるのか、ここに的を当ててアピールすると良いでしょう。その中で得られた協調性、ポテンシャル、人間性などに結びつけて、自分はこんなに魅力がある人材だと言うことを話せると良いですね。またアルバイトでも教育が徹底していると言われる会社などで働くと有利になるなど、いろいろな噂もありますが、やはりそこは企業にとって重要ではありません。アピールするポイントをうまく使えれば、就職活動も充実したものになるでしょう。